漁師の日常

1月16日〈番外:帽子コレクション陸上編〉

 

いよいよ陸上での海苔養殖の準備や、定置網の修理など作業が本格化してきました。

海上が外なのは当たり前ですが、ここ大曲浜は津波の被害を受けているために陸上での作業も全て外の風邪が吹きすさぶ場所で行っています。

 

今日はみんなの防寒対策のひとつ、帽子をいろいろ撮ってみました。

たいていの人がつけている耳付き帽子。

この耳、あるのと無いのでは、すっごく違うんです!海上では、途中で耳の感覚が薄れてきて、なくしたと思う事もあるほど・・・

 

今回好評だったら、次回は海上編をやりたいと思います!

12月29日〈年内最後の海へ〉

 

これまで取り組んできたワカメや昆布の養殖はもちろん、ガレキ撤去など行ってきた今年の海上作業ですが、本日で最終日。

ここ数日は風の影響で海上作業が中止になっていましたが、最終日の29日は穏やかな天候で、風もなく順調に出航。

ワカメの成長のチェックや高さの調整など、みっちり午前中を使って予定通りの作業を最後まで無事に怪我や問題なく今年は終了。

例年は海苔の収穫で忙しく、正月もなかった大曲浜でしたが、今年はお休みです。

いろいろな想いを抱いて新年を迎え、来年改めて海苔の養殖再開に向けて高く飛び立ちます。

11月26日〈定置網漁の日常〉

 

今年の海苔養殖に取り組めなかったため、ガレキ撤去と併行して「サケの定置網漁」を初めて取り組みました。

11月末は時期も終盤であったが、それでも多くの収穫が。最盛期では、一度の網では船に揚げきらない程のサケが獲れたもよう。

ここでも挑戦は成功に!