再び!!赤井南小学校訪問

お疲れ様です!

東松島市は、久しぶりの雨にみまわれております。

矢本浅海漁業研究会の三浦 正洋です。

今日は2年ぶりに赤井南小学校へ訪問、

4年生の子供たちと海苔についての授業です。


「はい、では質問ー!
 海苔ってどんなふうになってるんだろう?」

冒頭そんな質問に対して子供たちは、
はい、はい、はーい。

のりってわかめからとります!

のりは海のそこで岩にこけの様になって潜ってとります。

ロープにのりの種をつけてロープで育てます。

船を2隻で網を引いてのりを取って天日干しします。


とても楽しいユニークな発想も目立ちましたが、
子供たち1人1人の話をあわせるていくと、海苔養殖になる!
と驚くところもありました。

その後は子供たちと海苔のお話。
さっきまでの雰囲気とは一変、しっかり授業ー。

頑張って一生懸命お話しを聴いたので、

最後は子供たちに大曲浜の海苔の試食タイム!
これにはみんな大騒ぎ。
あーやっぱり子供たちの笑顔はみていて楽しい。

2学期からは浜で工場見学を予定しているので、もっと海苔の勉強しようね。

赤井南小学校4年生のみんな、
良い夏休みをー。
また会いましょう!

コメントをお書きください

コメント: 2
  • #1

    中島義彦 (木曜日, 16 7月 2015 21:41)

    初めまして、佐賀県鹿島市で海苔養殖しています。私の所属している漁協の青年部でも毎年3~4年生に対象とした、「海苔出前授業」を行っています。ところ違えば…どんな授業を行っておられるのか?興味があります(^^)v 

  • #2

    三浦正洋 (木曜日, 16 7月 2015 22:02)

    はじめまして、宮城県漁協 矢本支所の三浦正洋です。
    コメントありがとうございます。
    今回ははじめて出会う子供たちだったので、担当の先生と打ち合わせして事前に子供たちに海苔ってどのようになっているのか、どのように養殖しているのかを考えてきてもらい、子供たちに発表してもらう所から授業をはじめました。
    それから、海苔養殖の話をすると、自分たちが考えいる海苔と違うと感じると、となりの友達と相談したり、バンバン質問が返ってきてなど、子供たちの反応が楽しくみえました。