今年も九州で修行です!

浅海漁業研究会の津田大です。


6月30日から7月3日までの四日間、

今年も矢本浅海漁業研究会のメンバーの同級生相澤裕太と、震災後から海苔漁師見習いとして頑張っている秋山君の3人で、九州に研修に来ています。


初日の今日は熊本県沖新漁協の若手の皆さんと、現場研修&交流会でした!

なんとこの沖新漁協には若手が20名もいます。
なぜ若手が減少していくなか、この沖新漁協は後継者が多いのか?
話をしてみるとすぐわかります。


現在ここ沖新漁協が抱えている問題点を、若手自身がしっかり理解し、

それを討論できる関係性があり、行動する力があります。

この輪を作り上げるのには長年の沖新漁協の努力が伺えます。

 

もちろん生産の面でも勉強になることが数多いですが、生産以外でも勉強すること

は多くあります。


交流をする事で初めて見える事、

交流をしなければ見えない事、

まだ初日ですが九州に来て良かった。

 


明日はどんな話が出来るのか楽しみだ!