久しぶりの再会に感謝。

 先週の13日、赤井南小学校に行ってきました。

 当時は4年生のみなさんで、一年半前に行ったのが初めてで、その時の内容としては震災当時の状況や震災後の状況、海苔復興に向けての取り組みなどを、みなさんにお話ししてきました。

 

 そして先週、一年半振りに行って来てみなさんは6年生になってました。早いものですね~。みなさん大きくなっててビックリしました。

 

 二回目の内容としては、海苔の陸上採苗の事松島湾での育苗、本養殖でのイカダや道具の設置、海苔の摘採、乾燥機械での作業と海苔に関しての作業の流れを、細かくみなさんに説明しました。

 

 みなさんが海苔が大好きだと言ってました。

 いやぁー造り手としては、嬉しかったです。それに、みなさん真剣になって海苔の話しを聞いてくれてたのが1番の嬉しさでした。

 

 生徒のみなさんにもお伝えしたのですが、諦めずに何事も頑張れば、頑張った分だけ結果はついてくると思います。生徒達にもパワーを貰った感じがしました。ありがとうございました。

 

 そして今、またこうして海苔を再開できたのは、言うまでも無い全国からの支援やボランティアさんの協力。

 そしてサポーターズクラブを立ち上げて、大曲浜の海苔復興に1番携わっていただいてる太田さんには本当に感謝の気持ちでいっぱいです。

 

 これからも、前年度以上に海苔の仕事を一生懸命頑張って、美味しい海苔をつくっていきたいと思います。