2012年

7月

10日

最北端の視察

定置網をやっている3人(私、相澤高志、三浦正信、阿部雄美)で数年置きに行ってる視察研修に震災後の忙しい時でも行こうとなり、知り合いからいろいろと情報を入手し北海道の猿払に決定。

 

今回は隣の浜の仲間(大友さん)が初参加する事になり4名で北の果てへ出発。

 

猿払へは仙台空港から千歳経由で稚内空港へ、そこからレンタカーで宗谷岬を通り網走方面へ1時間半の道のり。

途中、ランドセルを背負った子供達がダウンジャケットを来て下校中!こちらは全員半袖??

 

明日お世話になる漁師さんのいる港へ到着して車を降りると全員が寒〜〜と上着を着る事に、地元の人も今年は異常に寒いとの事でさっきの子供達の服に納得、オホーツク海おそるべし!

翌朝、全員が持って行った服をすべて着込み北の漁場へ、とにかく寒い。

カラフトマスが獲れると聞いていたが、時期が半月早いようでこの時はカレイ類が獲れてました。

漁獲したものを選別中
漁獲したものを選別中

帰港中も仕事してるベテラン漁師、晩酌の肴を仕込み中のようで何処も同じかな?

ロシア船と阿部雄美
ロシア船と阿部雄美

最終日は稚内観光へ

稚内の港にはロシアの船が蟹を運んでくるのか、たくさん係留してました。

趣味が美術鑑賞との事で?見つけては近づく阿部雄美。

 

右に見える大友氏は狩猟が趣味で、エゾシカを見つけるのが早いのには驚き!

市内観光も終わり昼の飛行機で帰路に。

 

漁師の目指す所は魚を獲る事、方法論は違えどみんな同じ、今回もいろいろと勉強になる事がたくさんありました。

 

震災後ということで視察に行った漁師の方にも心配していただきました。稚内では大友氏の知人の漁師が涙ながらに生きてて良かったなと。

 

お世話になったみなさんありがとうございました。

 

コメントをお書きください

コメント: 2
  • #1

    (水曜日, 11 7月 2012 16:51)

    陰ながら応援しています。
    頑張りましょう!

  • #2

    ohmagarihama (日曜日, 29 7月 2012 21:43)

    ありがとうございます!