2012年

5月

29日

近頃の漁師さんは大変だ。

5月28日の昨日、午前中の仕事を終え午後から向かった先は委員長三浦正信さんの作業ハウス、通称”正信ハウス”になんとパソコン教室を行いに行ってきました。

 

実は先週末、同じく”正信ハウス”でのんびりお茶などをしていたら、正信さんから

「事務局、おらいのウチでパソコン買ったんだー。今度息子に教えてやってけれ!」

「えっ!買ったんすか?いいすょ」

「ほいじゃ、週明け」

ってやりとりが、当の本人息子の正洋さんがいない間に決まったのです。

 

実は正洋さんは、前回ご紹介したように元サラリーマンなのです。

なのに、パソコン教室・・・・。

サラリーマンといっても、技術職だったのでそこは改めてって事ですね。

ごっつい指でパチパチと
ごっつい指でパチパチと

「とりあえず、エクセルとワードですねぇ」と、正洋さん

「ほいじゃぁこれをこーすると、こう」

「こういうのは知ってる???」

と、立て続けに30分。

正洋さんの顔を見たら、軽く引きつりが。

 

「まっ、また分からなかったら連絡してぇ」

 

という事で、あとはのんびりおしゃべり。

 

正洋さんは、現在海苔養殖の道具作りを覚えながら、個人的には大曲浜獅子舞に精を出し、そしてパソコンにも挑戦。

がんばるなぁ〜。

ニコニコしながら、パソコンを一緒にやりながら思った事。

 

慣れない道具作りで、手の指の皮はボロボロに。

テープで保護をしないで、皮を向かせて皮を厚くさせるそうな。

ニコニコした表情の下には、やはり明確な決意が見られました。

 

そう、やっぱり漁師の手。

指の皮はボロボロに
指の皮はボロボロに

でも、やっぱりお父さんの委員長正信さんの手には、まだまだだね。

 

今度、お父さんの手を紹介してみようか。

コメントをお書きください

コメント: 1
  • #1

    中島 孝雄  (水曜日, 30 5月 2012)

    いつも浜の様子や漁師の皆さんの様子など楽しみにしています。

    正洋さん、大分漁師に慣れてきたようですね。

    師匠が大勢いていいですね。期待も大きいでしょうが、頑張ってください。

    獅子舞もしっかり引き継いでくださいね。

    パソコンは慣れです。投稿をお待ちしています。

    いつか正信ハウスを訪ねてみたい。