ご挨拶として

 この度は、皆様の多大なるご支援、誠にありがとうございます。

 わたしは、3月11日の東日本大震災による大津波で父を亡くしました。今でも、海で仕事をしていると、何故ここに父や、同じく亡くなった仲間達がいないんだろうと考えてしまう事もあります。

 でも、自分は「もう一度海で挑戦したい」と思い、漁師を諦められませんでした。

父も生前は自分が家業を継ぐ事を信じて、養殖施設の立て替えを計画していました。その思いに応える為にも、ここ大曲浜を自分や仲間達で復興していく事に よって、亡くなった父や仲間達への供養になると思っています。父や仲間たちの思いも背負って、必ず大曲浜の海苔を復活させたいと思っています。

 復活したあかつきには、大曲浜の海苔をよろしくお願いします。

立派な自宅も津波の被害に
立派な自宅も津波の被害に