活動報告

 

2015年9月3日現在のサポーター数

 

          241 名

 

2015年9月3日現在の活動資金総額

 

         1,870,972 円

9月3日現在の活動内容

  日  付       内     容       購入金額  
 1月17日

ユニットハウスレンタル代金

(1ヵ月)

 ¥  21,000
 1月20日 電気ポット(2台)

   ¥   3,560

   2月 5日 大漁旗  ¥  25,260
   2月 5日 リストバンド(400個)    ¥  40,000

 2月18日

JR旅費(銀座PR)2名分  ¥  39,350
   2月19日 ユニットハウスレンタル代金
(1ヵ月分)
   ¥  21,000
 3月15日 写真現像代金  ¥    7,030
 3月17日

ユニットハウスレンタル代金

(1ヵ月分)

 ¥  21,000
 3月26日 備品購入費用  ¥    3,980
 4月 2日 包材代金  ¥    1,300
 4月14日 東京宿泊交通費  ¥  47,930
 4月16日

ユニットハウスレンタル代金

(1ヵ月分)

 ¥  21,000
 5月17日

ユニットハウスレンタル代金

(1ヵ月分)

 ¥  21,000
   6月18日

ユニットハウスレンタル代金

(1ヵ月分)

   ¥  21,000
 6月21日

写真現像代金

 ¥    740
 7月18日

ユニットハウスレンタル代金

(1ヵ月分)

   ¥  21,000
 8月 7日 地引き網諸経費
(網修理、油代、雑費など)
 ¥  34,355
 8月10日 シャッター修理代金  ¥  590,000
 8月15日 リストバンド(400個)  ¥  40,000
 8月18日

ユニットハウスレンタル代金

(1ヵ月分)

   ¥  21,000
10月24日 発送用包材・送料  ¥  28,746
11月13日 発送費用  ¥    1,500
11月24日 広告費  ¥  20,000
12月30日 広告費  ¥  20,000
 1月31日 広告費  ¥  20,000
 3月 8日 チラシ制作費  ¥  20,000
 3月25日 東京出張費  ¥  29,830
 3月31日 広告費  ¥  20,000
 8月 4日 地引き網諸経費  ¥  12,630


8月15日 <シャッター改修工事が完了致しました> 

 

 先月ご報告をしました、共同利用漁具保管倉庫のシャッター修理の件ですが、先日8月10日に無事作業を終了して頂き、修繕を終える事が出来ました。

 

 現在お盆の休暇を取っていますが、いよいよ明後日より作業再開となり、海苔養殖の共同作業も本格化するため、シャッターの活用も増えます。

 あらためて、みなさまからの資金にてこのような手配が出来ました事を、御礼申し上げます。

 ありがとうございました。

 

7月18日 <シャッター改修工事費用を計上致します> 

 

 日頃のご支援、ありがとうございます。

 この度、共同利用漁具の保管場所であった、組合倉庫のシャッターの補修工事を、サポーターズクラブの資金を活用する事に致しました。

 

 こちらの倉庫は、海苔養殖において共同で利用する道具の保管場所で、今後も継続して使用する施設です。震災後からシャッターは破損したままで、保安面など不安な面がありましたが、ようやく施工業者も見つかり、価格交渉を終える事が出来ましたので、協議の結果シャッター補修工事を依頼する事になりました。

 

 こうして漁師みんなで使用する道具の保管体制に安心が出来る事も、皆さまのご支援のおかげです。

 改めてお礼申し上げます。

 

 工事開始日程は、資材の調達含めてもうしばらくお時間がかかりますが、まずは工事着工へ向けての決断をしたご報告をさせて頂きます。

 

 今後ともよろしくお願いいたします。

 なお、現在は漁港の「監視カメラの設置」なども予定しております。

5月19日

 

 前月に引き続き、月に1度開催されている「チーム東松島 銀座物産展」に今回も参加して参りました。

 

 今回参加したのは、漁師相澤高志さん。土曜日に、なんとお嬢様と一緒に銀座に登場して頂きました。

 相澤高志さんは、漁師の傍ら大曲浜で「相栄商店」も営んでおり、「がんばっぺ大曲浜!」というオリジナルのお酒も販売しています。なので、前回の物産展で大曲浜のワカメは終了してしまいましたので、今回高志さんは黙々とサポーターズクラブの宣伝と、お酒を通じての”大曲浜”のアピールに頑張って下さいました。

 

 今回も当日のお申し込みを頂いたり、サポーターの方々が東松島市の物産を買いに来て頂いたりと、交流が出来る場でもあります。

 

 現在の作業は陸上で黙々と道具作りの期間中で、販売するものはありませんが、引き続き告知活動を続けて参りますので、よろしくお願いいたします。

のり工房のみなさんとパチリ。
のり工房のみなさんとパチリ。

4月14日/15日

 

 2月から開始した「チーム東松島 銀座物産展」へ、第1回目に続き先週末第3回の物産に、研究会の若手2名(津田 大、相澤 裕太)の2名で参加をしてきました。

 

 今回初めて参加した2名でしたが、残り数量僅かとなった「大曲浜塩蔵ワカメ」の販売と、サポーターズクラブのPRを精一杯やってきました。今回もたいへん多くの方に足を運んで頂き、100枚以上のチラシを配布する事が出来ました。今回もこれまでサポーターご入会済みですが、お仲間の方に超え掛けをして下さっている千葉のイトウ様、そして前回チラシを持ち帰り、第3回のイベント時にお申し込みを直接して頂く方など、またサポーターの輪を広げる事が出来ました。

 

また、新規のご入会だけではなくサポーターの方も2日間を通じてたくさんご来場下さり、日頃お話が出来ない皆様とお話をする事が出来、また御礼をお伝えする事が出来た事に感謝いたしました。

 

今後も積極的にPR活動を行ってまいりたいと思いますので、今後ともよろしくお願いいたします。

ありがとうございました。

サポーターの方とも記念撮影
サポーターの方とも記念撮影

3月15日

 

 宮城県東松島市赤井南小学校の4年生2クラスに作って頂いた大漁旗のお礼として、これから5年生になる前に約束をした「サポーターズクラブのリストバンド」と、「みんなで撮った記念写真」、そして作ってもらった「大漁旗を持った漁師達の集合写真」を持って、終業式の前に会いに行って来ました。

 当日は相澤太さんと事務局の2名で小学校を訪問し、子供達はまた揃って待っていて下さいました。バンドと写真のプレゼントを伝えると、みんな大きく手を上げてくれたのには、届けに行った2人もビックリ。

写真とリストバンドを1人ずつにプレゼントをすると、写真を見ては「すげー!」「やったー!」、リストバンドにも「宝物にします!」など、直接渡した時に声を聞く事が出来てうれしく思いました。

 

 最後は5年生になったみんなと「夏の地引き網」を楽しみにして、お別れをしました。お互い、次にあうのが楽しみだ。

2月23日

 

 2月18日、19日での東京都銀座での「チーム東松島」物産展に参加してきました。日曜日だけの参加でしたが、HPやFacebookでご覧になった方が、寒い中たくさんいらして頂き、直接サポーターの方などともお礼をする事が出来て、短い時間ではありましたが非常に充実した日曜日でした。

 19日には新規で2件サポーターズクラブへのご入会手続きをして頂きました。お二人とも宮城県出身で、矢本と松島という我々にとっても身近な場所の出身者で、そういった方が遠い関東でも見ていてくれるコトに、非常に感謝します。

 

 これからもこういった活動を行いながら、海苔の復興に向けて一丸となって進んで行きますので、これからもよろしくお願い致します。

 

 お子様の「お船に乗りた〜い」という声に、相澤太さんも「海で待っているよ!」と。皆さまが、遊びに来て頂けることを、楽しみにしています。

矢本出身で、お母さんはなんと相澤太さんと同じ高校の同級生!
矢本出身で、お母さんはなんと相澤太さんと同じ高校の同級生!

2月18日

 

 2月18日、19日に東京都銀座で行われている、チーム東松島にて行われている、物産展に矢本浅海漁業研究会の会長の相澤 太さんと、副会長の櫻井 健太さんの2名が銀座に出向き、自分達の活動をPRしてきます。 

 現在採れているワカメも明日販売予定となっておりますので、お時間ある方は是非ご来場をお待ちしております。

 

 詳しい場所と時間はは、コチラから

 

2月6日

 

皆様のご支援を受け、我々大曲浜の復興と豊漁、航海安全を願うシンボルとして「大曲浜」の大漁旗を作成しました。

 

大漁旗は別名、「福来旗(ふらいき)」といって福を招くとも言われています。

これまで海苔の養殖には大漁旗を作っていませんでしたが、今回改めて我々「大曲浜」としての大漁旗を「サポーターズクラブ」のお名前を入れさせて頂き、作成しました。絵柄は「あばれ熨斗」。色は、奇麗なブルーに赤い熨斗と、空に映える色にしました。

 

この旗は、しばらくは番屋として使っているプレハブの上に。支所が再開されたあとは、支所に飾る予定になります。

 

みんなで記念撮影。
みんなで記念撮影。

1月17日

 

本日夕方、サポーターズクラブの資金を活用し、漁師達の待機場所および、寒さを凌ぐ場所として3坪のユニットハウスをレンタル契約致しました。

寒さが厳しくなるこれからの3ヵ月間のレンタルを検討しております。月額2万円と、ユニットハウスメーカー様のご協力を頂き、本日無事に港へ設置する事が出来ました。

 また、移設に際しては(株)橋本道路様に無償にて移設作業を行って頂き、サポーターの方に重ねてこの場でお礼申し上げます。

ありがとうございました。

 

皆様のお気持ちが、初めてカタチになった第一歩となります。

この場を借りて、改めてお礼も仕上げます。ありがとうございました。

設置には、運営委員長の三浦さんに立ち会って頂きました。
設置には、運営委員長の三浦さんに立ち会って頂きました。